【自作】組み立て式ハンガー

080629_1とあるキャンプ場のゴミ箱から拾ってきた、ジュラルミンのテントフレームを使って、旅行用のハンガーを作ってみました。ショックコードを切ってテントフレームを8本のパイプにばらし、それぞれ24.5センチの長さにカット。3ミリの細ロープで、4本のパイプをつないで、コードストッパーを通してから両端を結んで完成。同じものが2つできあがりました。

パイプは万力でくわえて金鋸で切りましたが、切り口をヤスリで丁寧に面取りしないと、衣類が引っかかります。パイプ内側も滑らかにして、ロープが傷まないようにするのがポイントです。

080629_2このハンガーの組み立ては、水平になる部分の2本のパイプをジョイントでつないで、ロープを引いてコードストッパーで固定するだけと簡単。重量のある革ジャンにも対応する頑丈なハンガーになります。自分のジャケットの肩幅を計って、一般的なサイズより大きな45センチにしたので、衣類も型崩れしません。

これまでは、キャンプや長期の旅行に針金ハンガーを持って行き、レインウエアを乾かしたり洗濯などに使っていましたが、ライディングジャケットの重さで曲がってしまったり、かさばったりと不満がありました。このハンガーなら丈夫でコンパクト。なにより手持ちの材料で作ったのでコストが掛かっていないのが大満足です。

| | Comments (861) | TrackBack (0)

MSRハバ

ドラゴンフライと一緒に購入したテント、MSR Hubba(ハバ)を使う機会がやっと訪れました。このテントは一人用の自立型ドームテントで、インナーがフルメッシュなのと、独自形状のフレームが特徴。フロアサイズは220×70センチ、高さは100センチ。総重量は1,470グラム(07モデル)で、今まで使っていた2人用ドームテントの半分ほどの軽さです。

080615_1じつは、08年モデルでマイナーチェンジしたため、07モデルがセールとなり、オプションの専用フットプリントとともに、安く手に入れることができました。

フレームは全てがショックコードで繋がっていて、組み立てが超簡単。まず、インナーの底を守るフットプリントと呼ぶシートの上に、インナーテントを広げ、その四隅のグロメットに、ポール端を差し込んでフレームを自立させます。次にインナーテントをプラスチックフックで吊り下げていきます。天井部分のフレームは長さ80センチもあり、フロアより天井のほうが幅広になるので、圧迫感は軽減されています。

080615_2フライシートは、四隅と天井2ヶ所のグロメットをポール端に差込み、前後2ヶ所をペグダウンすれば設営完了。90センチ近くある大きな前室ができあがります。天井の前後幅が広いので、前室のフライを全開にしても、雨だれでインナーが濡れにくい設計になっています。なお、後ろ側には出入り口は無く、後室は20センチほどしかありません。

フライシートとポールだけでも、自立させることができるので、シェルターのように使うこともできます。また雨の日にインナーを濡らさないように、フライシートを残してたたんでしまうことが可能です。

080615_3通り雨に何回か降られましたが、フライシートの撥水性は抜群。(新品だから当たりですね)フロアも問題なし。フライ内側に若干の結露はありましたがこれも想定内です。フルメッシュのテントは初めてですが、テント内でも風の流れを感じられ涼しさ抜群。夏には大きなメリットとなります。寒い季節はシュラフの厚さや、シュラフカバーで調整すれば済むだけのことです。

赤いフロアにオレンジの幕体という色の組み合わせは異論もあるでしょうが、サイトでよく目立ち、内部が暗くならない点が気に入りました。キャンプツーリングには普通選ばない山岳用テントですが、小さめのタープも持っていますし夏季専用と考えると、その軽量コンパクトさと設営撤収の簡単さが光ります。

080615_4最後にカタログやネットで調べてもわからなかった情報を少し。まず小物を入れるポケットは、左右に2箇所あります。ループはインナーの吊り下げフックの部分全てと、ダイヤ型の天井四隅と中に2ヶ所にあります。写真のように、ここに細いロープを張れば、タオルを干したりランプを吊るしたりと便利になります。

MSR Hubba 44,100-
MSR Hubba専用フットプリント 6,825-

| | Comments (332) | TrackBack (0)

MSR燃料ボトル

現在は飲料用のボトルのみで、燃料用は廃版になってしまいましたが、永らくアウトドア用の燃料ボトルはスイスSIGGのアルミボトルが定番でした。それで、手持ちの1リットルのSIGGボトルが、もちろんドラゴンフライに使えるものと思いました。

080607_1080607_2しかし、純正ボトルと並べてみると、口の形状が微妙に違います。実際にポンプを取り付けてみると、ネジピッチは合い漏れはないものの、カップ形状の赤いゴム製のポンプシールが広がってしまい、ストレスがかかっています。これはボトルの口部分の外径が、ポンプシールの内径より2.5ミリほど大きいのが原因です。そこでヤスリを使って削り込んでみました。

左手に平やすりを持ちボトルの口に押し付けながら、右手でボトルを回して気長に削り込みます。さらに紙やすり、コンパウンドを使って目的の外寸に仕上げました。

テストのため燃料ではなく水を入れてポンプをねじ込んでみると、ポンプシールの変形はなくなりましたが、ポンピングすると漏れが見られます。よく観察すると、ボトル口の内側の形状がポンプシールと合ってない様子。それではと今度は丸やすりで内側の角を削り始めました。

080607_3と、突然ボトル口が空回りして本体からポロっと取れてしまいした!一体構造だと思い込んでいましたが、ボトル口はリング状の別パーツを包むような構造になっていたのでした。よく考えれば気がつくハズなのに、見立て違いをしてました。

1~2泊用に購入した11oz(325ml)の小さいボトルのほかに、単車の予備燃料を兼ねた長期用として、1リットルボトルが必要と考えていたのに、SIGG流用の目論見が外れてしまいました。これで、MSR純正の33oz(975ml)を手に入れなければならなくなりました。

MSR燃料ボトル33oz(975ml)2,415-

| | Comments (57) | TrackBack (0)

MSR ドラゴンフライ

ずーと目をつけていたストーブが、やっと我が家にやってきました。080525_1

ストーブ(といってもキャンプ用携帯コンロのこと)は、燃料の種類別に、ガス、液体、固形の3タイプがあります。液体燃料ストーブは、そのほとんどがホワイトガソリンという特殊な燃料を使うのものがほとんどなのですが、少数ながらガソリンスタンドで売っている、自動車用ガソリンが使えるストーブもあります。

単車と同じハイオクガソリンが使えれば、ガソリンタンクから燃料を簡単に調達できますし、さらには単車のガス欠に際しての、保険ともなるのでキャンプツーリングにうってつけです。

しかし探してみると、これが意外に少ない。「非常時に使用可」とか、ユーザー情報の「使っても平気だった」ではなく、メーカーが正式に対応を表明しているのは、米MSR社のストーブしか無い様子。その中から火力調整が自在な「ドラゴンフライ」を選びました。

ドラゴンフライは自動車用のガソリンに加えて、ホワイトガソリン、軽油、灯油にも対応しているマルチフューエルストーブです。燃料タンク別体式だから、ガソリンを単車から移すのも楽だし、ストーブの全高が低く安定感もあります。

ガスタイプと違って低気温時にも火力が弱らないので、春や秋の山地でのキャンプにも安心です。火力調節が簡単でトロ火が利くので、コッヘルでの炊飯も楽になるし、煮込み料理もできるでしょう。発売後10年を経て、ポンプを初め様々な改良も施され、ユーザーの評判も上々です。

080525_2このストーブのウイークポイントとしては“価格が高い”“収納が大きい”“プレヒートと呼ばれる着火の手間”“燃焼音がとても大きい”などを良く聞きます。しかしこのあたりのことには目をつぶれるほどのメリットが、このストーブにはあると思います。

MSR ドラゴンフライストーブ  23,625-
MSR燃料ボトル11oz(325ml)2,415-

| | Comments (34) | TrackBack (0)

海外通販

080517_1ネットで何気なく見ていて、アメリカの通販サイトのセール情報にぶつかりました。漠然とほしいと思ってきた物が割安になっています。昨今の円高傾向もあり、送料を合わせて計算しても半額以下!酔った勢いもあってポチッと発注してしまいました。

その日から支払いや送付などについて、辞書片手に英語メールのやり取りをしたり、運送会社のホームページで、配送状況をワクワクしながら確認したりの約2週間。荷物が自宅に届きました。

080517_2中身はテントとストーブ。ともにキャンプツーリングに使う装備です。それぞれは実際に使ってみてから詳しくレポートしたいと思います。

| | Comments (26) | TrackBack (0)

LAKENボトル

080412一週間程度のキャンプツーリングには、ラーケンのボトルを必ず持っていきます。初日の食料買い出しの際に、バーボンを買って中身をこのボトルに移して、旅の間の楽しみにする為です。

近年はアウトドア用として、プラティパスに代表される透明プラスチック製の軟らかい水筒もありますが、置いたとき不安定なので、酔ってくるとつい倒して土がついたりして汚れてしまうので、アルミ製のこの形のほうが使い勝手に良いのです。

バーボンに限らず、ウイスキーやワイン、日本酒も、通常手に入るビンは720~750ml入りです。だからこのボトルもちょうど良い750mlの容量。重くて割れる危険のあるガラスビン入りの酒を移して、単車で持ち運ぶのにはピッタリなボトルなのです。

このボトルの内面は味が変化しにくいようにコーティングされています。また、中を洗いやすい広口なのも、これを気に入っているポイント。トップケースの中で他の物とぶつかり合って、傷が付かないように、専用ボトルケースも手に入れました。スペイン製らしいPOPな羊のキャラクターも楽しいです。

じつはこのボトル、寒い夜には他の使いみちもあります。寝る前に湯を入れて寝袋の中に・・・そうユタンポ代わりです。熱すぎないようフリースの袋に入れて足元に置いて寝ます。翌朝には顔を洗うのにちょうど良い、ぬるま湯になっています。

LAKEN クラシック 0.75L 2,520-
LAKENボトルカバー 1,785-

| | Comments (120) | TrackBack (0)

つけてみそかけてみそ

ここ10年ほど、年に一度は名古屋へ行っています。名古屋は味噌カツやどて煮、味噌煮込みうどんなど、味噌料理がたくさんあります。大豆で作る赤黒い八丁味噌の味は、東京生まれの私にとっては“濃い味”なのですが、けっこうハマっています。

080312そんな我が家には、ナカモの「つけてみそかけてみそ」がいつも食卓にあるんです。これは豆味噌に白ゴマや鰹節を加え甘めに調味された味噌ダレで、マヨネーズのようなチューブに入っています。一瞬で料理を“名古屋味”に変身させるスグレモノです。
YouTube - ナカモ つけてみそかけてみそ CM→

とんかつ、焼ナス、冷奴などにかけるのは定番ですが、他にもゆで卵にかけたり、食パンに塗ってチーズをはさんだ「みそサンド」や、野菜炒めの味付け、マヨネーズと半々に混ぜて生野菜の付けダレにしたりする食べ方が好きです。

先週名古屋を訪れたので、これを買うためにわざわざスーパーに寄ってきました。しかしこのネーミングは名古屋らしい! って言ったら名古屋人に失礼ですかね。

ナカモ つけてみそ かけてみそ(2本入) 700-

| | Comments (20) | TrackBack (0)

モノポールシェルター

ピラミッド型の床のない一本柱テントと、パイプベットでキャンプするスタイルが流行始めた2004年夏、モンベルモノポールシェルターとボイジャーコットを導入しました。当時の記事はこちら→

080210_2コットは分解すると長さ70センチ、重さ4.2キロと小さく収納できるので、BMWやハーレーなら横積みで搭載できます。シェルターのポールもコットと一緒に収納します。

シェルター幕体は雨具ほどの大きさですから、ドームテント+ロールマットに比べて、大幅に荷が多くなるわけではありません。コットのメリットはその寝心地の良さ。腰や背中が痛くなるようなことはなく、家のベットに近い快適な眠りを享受できます。ライディングで疲れた体には、この安眠がとてもありがたいのです。

090210_1いっぽうシェルターは床無しなので、靴を履いたまま気軽に出入りできます。立ったり座ったりが億劫ではないし、サンダルも不要となりました。地面の状態も気になりません。たとえ石の川原でも快適さは同じです。

そして風通しがよく、夏は涼しいですし、結露もほとんどありません。三畳ほどの広さで立ち上がれる高さもあり、着替えも楽ですし、ハンガーでジャケットを吊したりすることもできます。雨の日の撤収では、レインウエア着込んでからシェルターを出て荷物を運び、最後にシェルターを丸めてビニール袋に入れてオシマイ。目覚めたら中が水たまりだったなんてこともありましたが、被害はまったくありませんでした。設営/撤収の簡単なことも大きなメリットです。

気をつけたいのは、しっかりシェルターをペグダウンする事。床がないので強風でペグが抜けると、さらに煽られてシェルターが一気に倒壊する場合があります。ドームテントに使っていたペグよりしっかりしたものを用意して、ハンマーを使って確実に設営するようにしています。あと、虫もよく入ってきますので、必要に応じて蚊取り線香を焚いています。その臭いが服や荷物につくのは、しょうがないとあきらめています。

とっても参考になるサイト“参天(SANTEN)”

モンベル モノポールシェルター 20,600-
Voyager cot 11,550-

| | Comments (80) | TrackBack (0)

AVIREX A-2

071020_115年前のアメリカ旅行の時、NY本店で買ったAVIREXのA-2。経年変化が味を出してきて良い感じ。

しかしジッパーが壊れて、閉めたジッパーが途中部分から勝手に開いてしまうのです。ひどい時はスライダーを上げている最中でも下から自然に開きはじめ、閉めたはずの左右の身頃が首元の一点で繋がっている状態に・・・

分厚い革製でとても暖かいジャケットなのに、前を閉められないから単車に乗るときに着れないのがとても残念。修理できないものかと新宿で見つけたAVIREXのお店で聞いても、ネットで革ジャンの修理店を探しても、ジッパー取り替えは日本製の部品を使うとのこと。いま付いているアンティーク感たっぷりの真鍮製ジッパーが惜しくて修理に出すのをためらい、ここ3~4年はハンガーに掛けっぱなしでした。

先日靴を磨くついでにA-2にもオイルを擦り込んでやろうと出した時に、改めてジッパーをよく観察すると、テープ部のほつれやエレメントの歯抜けは見あたらない。どうもスライダーが怪しいが、戻り止めの機構があるも、開け閉めを司る機構は単純なもので、欠損したり歪んだりしている様子はありません。

071020_2これはちょっとした寸法精度の狂いが原因かも? と予想をつけて、スライダーの表裏をプライヤーでくわえて、少しずつクリアランスを狭めてみると、なんとこれが大正解。こんなにカンタンに治るなんて! もっと早くこの問題に真剣に取り組めば良かったなぁ。さっそく明日、こいつを着て出かけようか♪

| | Comments (918) | TrackBack (0)

ポケパワー

外出中、一番困るのが携帯電話のバッテリー切れ。コンビニなどにいろいろな緊急充電グッズを売ってますが、容量の大きなものは使い捨てタイプです。いっぽう電池式のものは完全放電していると充電できなかったり、満充電できなかったりと、どうにも容量不足。たとえば単三型アルカリ電池2本が電源なら4.8V-1,200mA程度の容量ですから、そのままではパワーが足りないのです。

070810そんな時に見つけたのが、パナソニックのUSBポート付き充電器「ポケパワー(Pocket Power)」。本体のほかに、充電台とACコード、単三型ニッケル水素電池2本、USB-携帯電話接続ケーブルが付属。USBケーブルの違いで2種類のパッケージがあるので、携帯電話の機種にあわせて選べます。

電池をセットした本体を充電台に挿せば、最大約4時間でLEDが消え、ニッケル水素電池の充電完了。つぎに、本体にUSBケーブルを挿して携帯電話を接続すると、LEDが点灯して携帯電話の充電が開始されます。その時かすかな高周波音がして昇圧回路が作動して、最後まで安定して5Vの電圧を出力します。USBケーブルを外しておけば回路が遮断され、電池の自然放電を最小限にする設計となっています。

付属のニッケル水素電池で約70分(500mA)、オキシライド電池なら約80分(250mA)アルカリ電池は約50分(250mA)の出力容量があり、手のひらサイズで93gと軽い割にパワフルです。これなら、携帯電話のほかにもPSPやiPod、PDAなど、5Vで充電できるものならUSBケーブルを用意するだけで充電できるし、電源の単三電池の入手も容易、ラジオや懐中電灯などへ、電池の使いまわしも可能です。

Panasonic ポケパワー 2,580-

道具たち | | Comments (29) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧